短肌着と他の肌着の違い

新生児肌着は、基本的には短肌着がメインになります。短肌着に色々な種類の肌着を合わせたり、使い分けたりしていくことで、季節や気温などに柔軟に対応していく事が必要になります。

短肌着と同じくおさえておきたいのがコンビ肌着です。短肌着と超肌着の違いは、丈の長さと股下のスナップボタンの有無になります。短肌着は丈が短い肌着になり、丈の長さは腰までになっております。その為、ボタンはついておりません。しかし、汗取りなどの重要な役割があります。これに対してコンビ肌着は短肌着よりも丈が長くなっており、股の部分をスナップボタンで留めることができるような仕様になっております。また着用する事ができる期間が、生後間もなくから2ヶ月から3ヶ月くらいまで使うことができるようになっております。短肌着の上からコンビ肌着を重ねて着せる事ができますので、両方用意しておくのが一般的になります。

また、コンビ肌着と短肌着の中間的な存在として長肌着もあります。長肌着は、短肌着よりも丈が長い肌着ですが、コンビ肌着のようにスナップボタンで留めることができません。短肌着、コンビ肌着、長肌着を、その特性に合わせて使い分ける事が重要になるのです。