新生児肌着の種類

人間が最もデリケートでか弱い時期は間違いなく新生児の時期になります。この新生児の時には、体をやさしく包む赤ちゃん用の肌着選びがとても重要になります。新生児は、体が十分に発達していませんので、上手に体温調節ができませんので、肌着によって汗の吸収などを助けてあげる必要があるからです。

新生児は、汗っかきな上にとてもデリケートな肌をしています。小さい身体ですが、汗腺の数は大人とほぼ同数ですので、汗をいっぱいかきます。また、一晩寝たら大きくなると言われているように、新陳代謝がとっても活発です。そういった新生児肌の肌着は、汗や皮脂汚れなどをしっかりと吸い取り、肌を清潔に保つ物でなければいけません。

新生児肌着には色々な種類があります。すそが短い腰丈の短肌着は、肌着の中ではもっともスタンダードなアイテムとなっております。着せ替えしやすいように、丁度着物のように前合わせになっており、ひもやワンタッチテープなどで止めてセットします。長肌着は、短肌着の長いバージョンでつま先まで丈のある肌着になります。コンビ肌着は、すそが分かれた丈長の肌着です。足を動かしたりしてもすそがめくれないように足の分かれた肌着になっております。ボディスーツは、股下をスナップで止めるので、おなかが出ない肌着です。動きが激しくなってきたら着用します。

このように肌着にも沢山の種類があります。初めての方は、どのような肌着を購入したらよいかわからないかも知れませんので、こちらのページでは、肌着の中でも最もスタンダードな短肌着についての情報をご紹介して行きます。